オーディオユニオンお茶の水店


ピュアオーディオ、エントリーからミドルクラスまでを取り揃えるお茶の水のオーディオショップ
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2-1 1F
TEL:03-3294-6766 E-mail:ochanomizu@audiounion.jp

audiounion DAY vol.9 ~ aiai 「それだけでしあわせ」イベントのご報告

オーディオユニオンがお贈りする、全店同日開催のスペシャルイベント・デイ。

お茶の水店では先日デビューしたアコースティックデュオ aiaiのお二人とオーディオアクティビスト 生形三郎さんをお招きして、

aiai 「それだけでしあわせ」 CD&ハイレゾ&ミニライブ

を開催しました。

 

その様子を少しだけ、ご紹介いたします。



まず、今回のセット。LUXMAN&FOCAL、FOCAL KANTA N°2に付いては、先日ご紹介しましたが、あわせるプリメインのLUXMAN L-509X、やはりいいですね。セパレート並みの駆動力で、スピーカーをワンランク上に引き上げてくれます。そもそもこのセットでCD・ハイレゾを聴こうというのが贅沢ですよ。

 

イベントの司会はディスクユニオンお茶の水クラシック館スタッフの高木さん。実は高木さん、高音質レーベルGOLDENRULEの仕掛け人でもあります。aiaiのデビューアルバム「それだけでしあわせ」も同レーベルからのリリースですね。

イベントは生形さんの解説によるCDとハイレゾの違いからスタート。
CDだと、どうしてもこもりがちになっていしまう低域が、ハイレゾだとかなりすっきりします。スピーカーからの不要な圧力も減ってくるのでボリュームが上げやすくなりますね。特に舘野さんの男性ボーカルが入ってくるところ、ハーモニーがかなり美しく聞こえるようになりました。

 



さらにサプライズで、曲をひとつにまとめる前の音源・・・ギター・乾さんのボーカル・舘野さんのボーカル、更に遠巻きに設置されたマイク、それぞれの録音をひとつずつ再生。そして各音源をひとまとめにした完成音源を試聴!

ちなみに曲は「hibi」、MVも素敵な感じですよ。


 
本来なら世に出ない、本当にイベント限定の音源ですが、録音・マスタリングを担当された生形さんが、今回の為にご用意くださいました。場所を変えながら聞いているようで、なんだか不思議な気分になります。

そして最後はお二人のライブ。マイクもアンプも通さない完全生演奏。



正直なところ、リハーサルまではちょっと心配していたんです。本当に完全生音で大丈夫なのかな・・・ギター一本と人の声だけで、PA使わなくて大丈夫なのかな・・・と。でも、無駄な心配でした。

お客様の声が全てです。「CDよりも、ハイレゾよりも、生演奏が良かった」、オーディオショップスタッフとしても、全く同感でした。圧倒的に生演奏は素晴らしいです。普段店頭でaiaiのCDをかけていますが、同じ曲でもお二人の生演奏で聴くと、改めて感動してしまいますね。でも、実際それって当たり前ですよね・・・。
 
そもそも、その感動を再現するためにレコードやCD・ハイレゾ、そしてスピーカーやアンプがあるわけですから。

ライブを聴いて、家に帰ってCDを聴いて、もしちょっといいオーディオセットがあれば、ハイレゾでより楽しむことも出来ます。それぞれにあったシーンがありますし、それぞれの良さがあります。あらゆる側面から音楽を楽しむお茶の水店イベント、次回をぜひお楽しみに!

コメント