オーディオユニオン お茶の水店


ピュアオーディオ、エントリーからミドルクラスまでを取り揃えるお茶の水のオーディオショップ
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2-1 1F
TEL:03-3294-6766 E-mail:ochanomizu@audiounion.jp

audiounion DAY vol.10 「DENONサウンドマネージャー 山内セレクション」~イベントレポート
2月9日(日)audiounion DAY vol.10
お茶の水店のイベント「DENONサウンドマネージャー・山内セレクション



当日は大勢のご参加、誠に有難うございました。いつもは3列のところをぎりぎり詰めて4列の座席をご用意しましたが、早々に満席となってしまいました。お立見となったお客様にはこの場を借りてお詫び申し上げます。

イベントの方はDENONサウンドマネージャー 山内さんにオーディオで楽しむ音源をご紹介いただく、というもの。スピーカーは802D3MR、アンプ・プレーヤーは勿論DENON SX1 LIMITED EDITIONでした。



DENON 山内さんのご紹介される音源、バリエーション豊かで楽しかったです。ところどころでお話される山内さんのオーディオ哲学もとても面白かったですね。



途中からDENON公式ブログのご担当で、「山内セレクション」でも聴き手として登場されている池谷さんも参加されて、さらに盛り上がりました。

さて、この記事はイベントのレポートということで、本来その内容をご紹介しなければならないのですが・・・実は今回のイベント、再生したソフトに関してはDENON公式ブログさんで、オーディオセッティングについてはPhilewebさんで特集予定となっています。イベントの詳細に付きましては、是非是非そちらをご覧いただければと思います。

ということで、この記事では、その他イベントの時に気になったトピックを少しご紹介させていただこうと思います。

ここ数年で最も丁寧なセッティング

今回のイベント、DENON 山内さんはお昼前にはお店にいらっしゃったのですが、そこから非常に緻密なセッティングをされていたのが印象に残りました。変えては聴く、の繰り返しです。



特に電源廻り。壁コンセントの差込口のクリーンアップから始まり、タップの設置、複数の電源ケーブルでの音質チェック、ここ数年のイベントでは最も丁寧なセッティング。ご本人にそのことについてお伺いすると、「おまじないみたいなものですよ」と謙遜されていらっしゃいましたが、やはりDENONのサウンドマネージャーとしての強い責任感を感じます。なんといっても、日本オーディオ界の屋台骨DENONの今が山内さんの双肩にかかっているわけですから・・・。



電源ケーブルにはFURUTECH NCF Booster Signalが。スピーカーケーブルを支えているのは巷で噂のAUDIOQUEST FOG/LIFTERSですね。



アンプ側にもNCF Booster Signalを使用。

とにかく丁寧なセッティング、とても勉強になりました。

セッティングにもバリエーション豊かな音源が登場

セッティングの時もバリエーション豊かな音源を試されていた山内さん。中でも驚いたのがFloating Point の ELAENIA を使用されていたこと。ダンス・エレクトロニカ系の音源で、お茶の水店のNASの中にも入っているのですが、山内さんのセッティングで聴くとまるで別物でした。



思わず、スタッフが「Floating Points、いいですよね! あの、黒っぽいジャケのEP、あれもすごく良くて・・・(タイトルど忘れ)」というと、すかさず「ああ、Shadowsですね。あれもいいですよね。」と、山内さん。音楽も詳しいサウンドマネージャー。ちなみにShadowsはLPとデータ配信のみでCDは出ていません。

フロントの仕上げはヘアラインで

イベントの途中、フロントパネルの仕上げについてのお話がありました。山内さん曰く、「いろいろ試したんですけど、結局仕上げはヘアラインが一番いいんですよね。フロントパネルの裏側もヘアラインです」と。

イベント後、改めてその点について伺うと「表面の仕上げも音に影響があって、実際に色々試しましたがヘアラインが一番でした。JEFF ROWLANDなんかもつるつるの表面仕上げですが、あれもチューニングの一環なのでしょうね」とお話していただけました




デザイン面でパネルの仕上げが重要なのはもちろん理解できますが、音質にとっても重要、といいますかDENONさんはそこまで考えてこの筐体を作っているのだ、と改めて気が付かされました。

今回のイベントで「音楽を楽しむ」DENONの音作りが再確認出来ました。ご来場の皆様にもお分かりいただけたのではないかと思います。そしてもう一つ重要なことは、600NEシリーズや800NEシリーズといったエントリーグレードに至るまで、トップモデルを手掛ける山内さんがサウンドマネジメントされている、ということです。

トップモデルもエントリーモデルも同じように「音楽を楽しめる」それが現在のDENONなんですよね。「オーディオはよくわからないけど、とにかく音楽で楽しみたいぞ」というかたは是非DENONを候補に入れてみてください!

DENONのラインナップはこちらから

コメント